HOME>赤塚おすすめスポット>赤塚おすすめスポット

数百種類もの植物が植えられている植物園

板橋区立赤塚植物園は、規模自体はそんなに大きくないですが、本園は1ヘクタール程の敷地となっています。園内は、散歩道や日本庭園、芝生の広がる場所など、散歩にも適した場所になっており、たくさんの種類の草花が植えられています。その数は約600種類にもなります。春には桜や色とりどりの花が楽しめます。春だけでなく、季節の植物が楽しめるのも特徴です。また本園とは別に、万葉・薬用園があります。万葉園があり、令和で一時期話題となった、万葉集を参考に作られました。万葉集で詠まれた植物が植えられているので、そういった植物を探すのも面白いですよ。薬用園は、薬用に使われる植物が植えられています。植物に興味のあるお子様にも、楽しめる施設となっています。それなりに歩くので、動きやすい格好で行かれるのをおすすめします。元々、赤塚の丘陵地を植物を植える施設として活用したのがきっかけで、1981年に開園し、現在も続いている、植物園の1つとなりました。近くには郷土資料館や都立赤塚公園もあるので、散策のついでに立ち寄ってみるのもいいですね。休園日は年末年始なので、年間いつでも訪れることができます。アクセスは、成増駅か志村三丁目駅から、バスを利用してください。アクセスの詳細は、HPをご覧ください。車で来られる方は、駐車場がないので注意が必要です。植物園を通り過ぎた、50m先くらいの場所に、コインパーキングがあるので、そちらを利用するのがいいでしょう。

詳細を読む

広告募集中